読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚無日記

残念な人の残念な人による素敵な人のための日記

Fire after fire 聖飢魔II

 

聖飢魔IIにハマって約一か月ぐらいが経ちます。

きっかけはなんだったかな。

 

そうだ、youtube渡辺美里の"my revolution"を閣下がカバーしている曲を聞いた時だ。

その時に

『え、デーモン小暮閣下ってすごくね!?!?!?!?!?』

みたいな衝撃がはしった。

 

そこから"蝋人形の館"や"THE END OF CENTURY"を聞いていった。

僕がとくに好きなのは"Fire after fire"かな。

タイトルの通りだねw

 

ギターがギュインギュインいっててかっこいい。

エース長官に惚れる曲だと思う。

 

 

そして今日、英語ヴァージョンを見つけた!

このアルバムにエース長官は参入してないらしい。

アメリカで演奏してる(はず)から仕方ないね。残念・・・。

 


Seikima-II 08-FIRE AFTER FIRE - YouTube

 

このアルバムにある曲全体に言えるんだけど原曲のイメージを崩さないよう韻を踏んでいるんだよね。

この曲で言うとsomeone's hereとかwe are here とかね。

 

発音も閣下のことだから綺麗だし。

私見だけど特にthis is how it's meant to be(ディス イズ ハウ イッツ「メントゥー」 ビー)かすごいネイティブっぽい。

あ、閣下たちは悪魔だからどんな言葉でも話せるのかw

 

さすが閣下や!!!

 

しかもこの英語!日本語に直すと原曲のモチーフのまんまなんですよ!!

 

ただこのfire after fireをどう日本語すればいいのかわからない。

雰囲気というかイメージはわかるんだけどね。

炎が静まってもまた炎がやってくる感じだと僕は解釈してる。

 

まぁ、僕はいまから世界一身も蓋もないことをぶっちゃけるけど

英語を日本語にするなんて野暮なことはしなくていいんですよ!!!!!

 

 

 

 

やっぱ、こいつら、最k・・・じゃないや、最低なバンドだぜ!!!!

 

 

 

 

クリスマスなんていう幻想を地獄の業火で焼き尽くしてくれ!!!