虚無日記

残念な人の残念な人による素敵な人のための日記

2015年に読んだ本

 

 あけましておめでとうございます。

 ついに2016年になりました。去年の今頃、センター試験だのなんのかんので、とてもストレスフルな日々を送っていたのが懐かしく感じられます。あの時と今の心情を比べると、やっぱ心の平安があるものはいいものだなァと得心してしまいました。

 

 2013年、私は200冊の本を読むという目標を立てましたが、その年には10冊ほども読むことができずあえなく「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時」を見て年を越してしまいました。

 2014年、受験があるため、参考書や問題集と首っ引きで200冊の本を読むという目標は立てられませんでした。

 2015年、受験が終わり一段落したため、リベンジを果たすために先の目標を立てました。そして、目標達成をいたしましたために、記念としてどういう本を読んでいったのか記録しておこうと思います。冊数目、読み終えた日、著者、書名の順で書いていきます。出版社や出版年、総ページ数は割愛させていただきます。

 

 No.001, 1.1, M.J.アドラー, 『本を読む本』

 No.002, 1.2, A.C.ドイル, 『緋色の研究』

 No.003, 2.4, 岩本徹三, 『零戦撃墜王

 No.004, 2.5, 長谷部誠, 『心を整える』

 No.005, 3.2, 外山滋比古, 『ちょっとした勉強のコツ』

 No.006, 3.5, 千野栄一, 『外国語上達法』

 No.007, 3.6, 外山滋比古, 『思考力』

 No.008, 3.7, 佐藤優, 『読書の技法

 No.009, 3.12, 黒田龍之介, 『語学はやり直せる!』

 No.010, 3.15, 増田元, 『辞書の仕事』

 No.011, 3.30, 中野明, 『ドラッカー流最強の勉強法』

 No.012, 3.31, 外山滋比古, 『ユーモアのレッスン』

 No.013, 4.1, 羽生善治, 『直感力』

 No.014, 4.3, 坂井三郎, 『大空のサムライ(上)』

 No.015, 4.4, 外山滋比古, 『知的生活習慣』

 No.016, 4.6, 原尻淳一, 『読書HACKS!』

 No.017, 4.8, 松野弘, 『大学生のための知的勉強術』

 No.018, 4.11, 沢田允茂, 『考え方の論理』

 No.019, 4.12, 外山滋比古, 『乱読のセレンディピティ

 No.020, 4.13, 外山滋比古, 『思考力の方法 聴く力篇』

 No.021, 4.15, 外山滋比古, 『忘却の整理学』

 No.022, 4.16, 吉永一行編, 中村邦義・二本柳高信著, 『法学部入門』

 No.023, 4.17, 山内志朗, 『ぎりぎり合格への論文マニュアル』

 No.024, 4.20, 橋本努, 『学問の技法

 No.025, 4.25, 三島憲一, 『ニーチェ

 No.026, 4.28, 戸田山和久, 『論文の教室』

 No.027, 4.30, 白井恭弘, 『外国語学習の科学』

 No.028, 5.1, 木田元, 『ハイデガーの思想』

 No.029, 5.8, 宮崎市定, 『科挙

 No.030, 5.8, 道垣内弘人, 『プレップ法学を学ぶ前に』

 No.031, 5.9, 大内兵衛・芽誠司他著, 『私の読書』

 No.032, 5.12, 渡辺照宏, 『外国語の学び方』

 No.033, 5.15, 渡辺洋三, 『憲法のはなし』

 No.034, 5.16, 鎌田浩毅・吉田明宏, 『一生モノの英語勉強法』

 No.035, 5.19, 森靖雄, 『大学生の学習テクニック』

 No.036, 5.22, エール・ブレイエ, 『現代哲学入門』

 No.037, 5.22, 百田尚樹, 『永遠の0』

 No.038, 5.23, 木田元, 『私の読書遍歴』

 No.039, 5.23, 清水勲編, 『ビゴー素描集』

 No.040, 5.23, 清水勲編, 『続ビゴー素描集』

 No.041, 5.24, 成毛眞・松山真之助・藤井孝一・中島孝志・平野啓一郎, 『賢人の読書』

 No.042, 5.25, 梅棹忠夫, 『知的生産の技術』

 No.043, 5.26, 弥永真生, 『法律学習マニュアル』

 No.044, 5.26, 木村亀二, 『法学・いかに学ぶか』

 No.045, 5.30, R.P.ファインマン, 『ご冗談でしょうファインマンさん(上)』

 No.046, 6.1, 石川吉右衛門他, 『法律学をどう学ぶべきか』

 No.047, 6.2, 細川亮一他, 『死』

 No.048, 6.3, 石田淳, 『教える技術』

 No.049, 6.4, 谷川徹三, 『哲学案内』

 No.050, 6.4, 木村草太, 『キヨミズ准教授の法学入門』

 No.051, 6.5, 五十嵐清, 『法学入門』

 No.052, 6.5, 「図書」編集部編, 『私の読書』

 No.053, 6.6, 竹田青嗣他, 『知識ゼロからのニーチェ入門』

 No.054, 6.7, 泉久雄他, 『概説民法

 No.055, 6.8, ゴーゴリー, 『外套・鼻』

 No.056, 6.9, 小川仁志, 『7日間で突然頭がよくなる本』

 No.057, 6.11, 熊谷清一郎, 『エンジンの話』

 No.058, 6.13, カフカ, 『変身』

 No.059, 6.14, 藤田正勝, 『哲学のヒント』

 No.060, 6.14, 鷲田清一 『哲学の使い方』

 No.061, 6.19, 松岡正剛, 『多読術』

 No.062, 6.19, 斉藤孝, 『読書のチカラ』

 No.063, 6.20, 酒井邦嘉, 『脳を創る読書』

 No.064, 6.20, 木山泰嗣, 『勉強が続く人の45の習慣』

 No.065, 6.21, ロン・フライ, 『アメリカ式読書法』

 No.066, 6.21, 高田明典, 『難解な本を読む技術』

 No.067, 6.22, 鹿島茂, 『成功する読書日記』

 No.068, 6.22, 松井力也, 『日本人のための英語学習法』

 No.069, 6.24, 木山泰嗣, 『最強の法律学習ノート術』

 No.070, 6.26, 渡辺昇一, 『知的生活の方法』

 No.071, 6.28, 中島義道, 『カントの人間学』

 No.072, 6.29, 清水幾太郎, 『論文の書き方』

 No.073, 6.29, 池上彰, 『学び続ける力』

 No.074, 6.30, ヘミングウェイ, 『老人と海

 No.075, 6.30, フランクファート, 『ウンコな議論』

 No.076, 6.30, プーシキン, 『スペードの女王/ベールキン物語』

 No.077, 7.5, プラトン, 『ゴルギアス

 No.078, 7.7, 外山滋比古, 『古典論』

 No.079, 7.7, 大鐘良一・小原健右, 『ドキュメント宇宙飛行士選抜試験』

 No.080, 7.8, 中村雄二郎, 『哲学の現在』

 No.081, 7.10,  中村雄二郎, 『哲学入門』

 No.082, 7.10,  中村雄二郎, 『術語集』

 No.083, 7.10,  レーニン, 『哲学ノート(上)』

 No.084, 7.10,  レーニン, 『哲学ノート(下)』

 No.085, 7.15,  下條信輔, 『<意識>とは何だろうか』

 No.086, 7.15, ハマトン, 『知的生活』

 No.087, 7.18, 長谷川英佑, 『働かないアリに意義がある』

 No.088, 7.19, 黒岩徹, 『イギリス式人生』

 No.089, 7.21, 外山滋比古, 『「読み」の整理学』

 No.090, 7.22, 木村草太, 『憲法の創造力』

 No.091, 7.22, 小谷野敦, 『バカのための読書術』

 No.092, 7.23, 堀忠雄, 『快適睡眠のすすめ』

 No.093, 7.23, 板坂元, 『考える技術・書く技術』

 No.094, 7.24, 岩田靖夫, 『ヨーロッパ思想入門』

 No.095, 7.24, M.ウェーバー, 『職業としての学問』

 No.096, 7.28, R.P.ファインマン, 『ご冗談でしょうファインマンさん(下)』

 No.097, 8.13, 姫野友美, 『女はなぜ突然怒り出すのか?』

 No.098, 8.15, 赤川学, 『子どもが減って何が悪いか!』

 No.099, 8,15, 吉田洋一, 『零の発見』

 No.100, 8.15, 出口治明, 『本の「使い方」』

 No.101, 8.17, 中村廣治郎, 『イスラム教入門』

 No.102, 8.17, 畑村洋太郎, 『畑村式「わかる」技術』

 No.103, 8.20, 小笠原善康, 『新版大学生のためのレポート・論文術』

 No.104, 8.23, 水野敬也, 『夢をかなえるゾウ』

 No.105, 8.25, 長谷川宏, 『高校生のための哲学入門』

 No.106, 8.29, 本川達雄, 『ゾウの時間ネズミの時間』

 No.107, 8.29, 椋木修三, 『超高速勉強法』

 No.108, 8.31, トマス・ネーゲル, 『哲学ってどんなこと』

 No.109, 8.31, 宮本武蔵, 『五輪書

 No.110, 8.31, マーク・ピーターセン, 『日本人の英語』

 No.111, 9.1, アラン, 『定義集』

 No.112, 9.1, 鍵本聡, 『高校数学のとっておき勉強法』

 No.113, 9.1, 笠信太郎, 『論理について』

 No.114, 9.4, 斉藤茂太, 『くよくよしない人の頭のいい習慣術』

 No.115, 9.4, 服部省吾, 『戦闘機パイロットの空戦哲学』

 No.116, 9.6, 吉野源三郎, 『君たちはどう生きるか』

 No.117, 9.14, 新渡戸稲造, 『武士道』

 No.118, 9.15, 和辻哲郎, 『孔子

 No.119, 9.16, 梶田正巳, 『勉強力をみがく』

 No.120, 9.17, 辰濃和男, 『文章の書き方』

 No.121, 9.21, 外山滋比古, 『英語の発想・日本語の発想』

 No.122, 9.22, 高野泰衡, 『図解でわかる憲法

 No.123, 9.23, 横山三四郎, 『ロスチャイルド家

 No.124, 9.24, 上野一希・寺崎里水・藤野真, 『大学生になるってどういうこと?』

 No.125, 9.26, 竹田青嗣, 『ニーチェ入門』

 No.126, 9.26, 畑野勇, 『知識ゼロからの日本の軍艦』

 No.127, 9.26, 野矢茂樹, 『哲学の謎』

 No.128, 9.29, 中島義道, 『怒る技術』

 No.129, 9.30, 荒木清, 『忘れてしまった哲学の名言』

 No.130, 10.1, ヘリゲル, 『日本の弓術』

 No.131, 10.5, 柳生宗矩, 『兵法家伝書』

 No.132, 10.8, 太宰治, 『人間失格

 No.133, 10.10, 笠原嘉, 『青年期』

 No.134, 10.14, シェイクスピア, 『ヴェニスの商人

 No.135, 10.14, 清水勲, 『ワーグマン日本素描集』

 No.136, 10.15, デカルト, 『方法序説

 No.137, 10.16, 岡本隆司, 『李鴻章

 No.138, 10.19, ショウペンハウエル, 『自殺について』

 No.139, 10.20, 柴田孝之, 『司法試験予備試験完全攻略本』

 No.140, 10.22, 伊藤真, 『伊藤真の刑法入門』

 No.141, 10.27, 山口厚, 『刑法入門』

 No.142, 10.27, 和田忠彦, 『声、意味ではなく』

 No.143, 10.28, 茂木誠, 『世界史で学べ!地政学

 No.144, 10.28, 斉藤兆史, 『日本人に一番合った英語学習法』

 No.145, 11.5, 野矢茂樹, 『入門!論理学』

 No.146, 11.5, 村上重良, 『世界の宗教』

 No.147, 11.6, 中島義道, 『孤独について』

 No.148, 11.6, 岸本佐知子, 『気になる部分』

 No.149, 11.7, 竹内一郎, 『人は見た目が9割

 No.150, 11.8, 鐘ヶ江信光, 『中国語のすすめ』

 No.151, 11.9, シュリーマン, 『古代への情熱』

 No.152, 11.9, 斉藤兆史, 『英語達人列伝』

 No.153, 11.10, 加藤ゑみ子監修, 『お嬢さまことば速修講座』

 No.154, 11.11, E.H.カー, 『歴史とは何か』

 No.155, 11.15, 鈴木大介, 『老人喰い』

 No.156, 11.16, 斉藤兆史, 『英語達人塾』

 No.157, 11.17, 北川恵海, 『ちょっと今から仕事やめてくる』

 No.158, 11.18, 『孫子

 No.159, 11.18, 楠山春樹, 『老子入門』

 No.160, 11.20, 我妻栄, 『民法案内1私法の道しるべ』

 No.161, 11.21, 中野明, 『17歳からのドラッカー

 No.162, 11.21, 中島義道, 『ぼくは偏食人間』

 No.163, 11.22, 熊野純彦, 『西洋哲学史 古代から中世へ』

 No.164, 11.25, 白鳥春彦, 『独学術

 No.165, 11.27, A.W.コーンハウザー, 『大学で勉強する方法』

 No.166, 11.27, 外山滋比古, 『失敗談』

 No.167, 11.27, 吉田裕子, 『人生が変わる読書術』

 No.168, 11.28, 外山滋比古, 『読書の方法』

 No.169, 11.28, 長尾龍一, 『法哲学入門』

 No.179, 11.30, ヴィーコ, 『学問の方法』

 No.180, 12.1, 柳川範之, 『独学という道もある』

 No.181, 12.3, 岡田哲, 『明治洋食事始め』

 No.182, 12.6, 清水徹男, 『不眠とうつ病

 No.183, 12.7, 近藤宣昭, 『冬眠の謎を解く』

 No.184, 12.8, 茂木健一郎, 『「脳」整理法』

 No.185, 12.10, 夏井睦, 『炭水化物が人類を滅ぼす』

 No.186, 12.12, 山鳥重, 『「わかる」とはどういうことか』

 No.187, 12.15, 西郷隆盛, 『西郷南洲遺訓』

 No.188, 12.16, 吉川英治, 『宮本武蔵(一)』

 No.189, 12.16, 吉川英治, 『宮本武蔵(二)』

 No.190, 12.17, 吉川英治, 『宮本武蔵(三)』

 No.191, 12.21, 吉川英治, 『宮本武蔵(四)』

 No.192, 12.21, 吉川英治, 『宮本武蔵(五)』

 No.193, 12.22, 吉川英治, 『宮本武蔵(六)』

 No.194, 12.23, 吉川英治, 『宮本武蔵(七)』

 No.195, 12.24, 吉川英治, 『宮本武蔵(八)』

 No.196, 12.24, 南野森・内山菜月, 『憲法主義』

 No.197, 12.25, 永野裕之, 『中学生からの「超」数学入門』

 No.198, 12.30, 寺田寅彦, 『柿の種』

 No.199, 『大学・中庸』

 No.200, プラトン, 『パイドン』 

 

  感想などを書ければいいのでしょうけど、その余力を私は持ち合わせていないのが大変残念です。