虚無日記

残念な人の残念な人による素敵な人のための日記

『使える脳の鍛え方』

ピーター・ブラウン、ヘンリー・ローディガー、マーク・ダニエル(依田卓巳訳)(2016)『使える脳の鍛え方』、NTT出版

またもや個人的主観に基づく抜き書き(書評というよりもはや備忘録である)

本書の提言(pp.9-12)
・学習はつらいほうが深く定着しやすい
・事実や概念や出来事を記憶から呼び出す「想起練習」が……効果的な学習法
・学習の間隔をあけて、少し忘れかけたころか、ほかの科目をいくつか挟んだあとに(想起練習を)する(括弧内私、というか原著を読んでないので何ともいえないが動詞が「する」というのは訳者のミスなのだろうか、それとも原著に do とあったのか)
・新しい知識を「より大きなコンテクスト」に当てはめることで、学習効果が高まる

「学習とは、過去に学んだことに立ち返り、絶えず情報を更新し、新しく得た知識と関連づけることの繰り返し」(p.28)

「想起練習は一回より複数回おこなうほうが高い効果が得られ、テストの間隔をあけるとさらによい」(p.39)

某山口氏の勉強法のようにテキストを何度も読むという受動的な学習より、自ら積極的に学習したことを間隔を空けて複数回思い出した方が、現在の脳科学的にはいいですよということを論じていた。
この結論へと至る過程が気になる人はぜひ買って読もう。

 

使える脳の鍛え方 成功する学習の科学

使える脳の鍛え方 成功する学習の科学

 
東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 (PHP文庫)

東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 (PHP文庫)